今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

新型アクセラの乗り心地を徹底評価!メリットとデメリットが分かる

セダン

新型アクセラの乗り心地を徹底評価!メリットとデメリットが分かる
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

マツダ新型アクセラの乗り心地を良い点、悪い点含めて評価しました。

良い点についてどう思うか、悪い点についてどう思うかをチェックしていけば、買うべきかどうかがわかるはずです。

室内空間の評価!広さや快適さは?

出典 http://www.mazda.co.jp

まず、新型アクセラの室内空間ですがやや狭いです。(残念ながら)

特に室内の長さが狭いため、席に座ると前後に窮屈さを感じる可能性があります。

また足元の空間もそれほど余裕がある訳とは言えません。乗り降りする時にやや不便さを感じることもあるでしょう。

しかし、明らかに問題があるというほど室内全体が狭いわけではありません。

人によってはまったく狭さを感じないということもあり得ます。

そのため、実際に試乗して室内空間を確かめてみるのが一番確実な方法です。

室内空間の快適さは良好です。

たとえば収納スペースは8つほどあり、それぞれが適切な場所に適切な容量で配置されています。視線の移動が少なくて済むように設計されているので、ストレスのない出し入れが可能です。

カーコネクティビティシステム「MAZDA CONNECT(マツダコネクト)」も標準装備され、利便性も抜群。

カーコネクティビティシステム「MAZDA CONNECT(マツダコネクト)」を初めて導入し、一部グレードを除き標準装備とした。

出典 http://ja.wikipedia.org

それからラゲッジ・トランクも使いやすい工夫が施されています。

スポーツ仕様では後席使用時でもラゲッジの容量が十分あり、トノカバーは上に大きく開く構造になっています。

セダン仕様ではヒンジの形状にこだわり、少ない力でトランクが開くようになっています。

ハイブリッド仕様では2個のゴルフバッグも収納可能な余裕のあるトランク用量を実現。

セダングレードとハイブリッドグレードはサブトランクボックスが下部に装備されており、小物の収納が可能です。

シートの座り心地はどうか?

出典 http://www.mazda.co.jp

シートの乗り心地は良好です。

10Wayパワーシートが搭載されており、腰の位置をスイッチで調節できます。

またあらかじめ記憶させておいたシートポジションに設定できるシートメモリー機能もあります。シートメモリー機能はシートでも設定できますし、アドバンストキーでも設定可能。

アドバンストキーで設定しておけば、アクセラのドアを開けたとたんにそのポジションにシートがセットされます。

運転席と助手席にはヒーターが設置されており、寒い日はシートを快適な温かさに保つことができます。

ただし、10Wayパワーシートとシートヒーターは一部のグレードにしか標準装備されていません。

標準装備外のグレードはオプションで追加する必要があるのが難点と言えるでしょう。

マツダはドライバーが自然な姿勢でペダルを踏めるレイアウトを理想としています。

その理想通り、新型アクセラはドライバーが自然に足を伸ばせる位置にペダルが配置されました。このペダルは踏み込む足の動きに合わせた動きをします。

シートに座っている時だけでなく、運転中の乗り心地も考えられているのです。

視界は良いか?細かくチェック!

新型アクセラは前方の視界に関しては良好です。

というのも、前方の状況を素早く前席の人が視認できるように斜め前方視界を確保しているからです。

またドアミラーの位置をドア部にすることで、ミラーからの視界を良くしています。

右左折時の歩行者確認がしやすいでしょう。

それでも万が一前方視界が悪い場合、シート高を変える方法もあります。

一部グレードでは標準装備外ですが、多くのグレードではレバーでシート高を50mm変えられるシートリフターを採用しています。

身長が低い人はこのシートリフターでシート高を上げることで視界の改善が可能です。

ただし、後方の視界に関しては新型アクセラはあまりよくありません。

アクセラはデザインにこだわっているため、ガラス面が小さく、後方の視界性が犠牲になっています。

前方の視界性をよくするためにシート高を上げると、ますます後方の視界性が下がるという問題もあります。

ただし、バックビューモニターを使えばカメラで後方の視界確認が可能です。

カメラの画質はあまり高いとはいえませんが、奥行きはつかみやすいので、十分な性能でしょう。

静粛性の評価は?

新型アクセラの静粛性の評価も高いです。

搭載エンジンは力強さやクリーンさ、忠実さに加え、静かさを重視したものなので、気持ち良く走ることができます。

一部のグレードに搭載されているディーゼルエンジンはもともと評価の高かったSKYACTIV-Dの進化版です。

SKYACTIV-D 2.2とSKYACTIV-D 1.5がそれに当てはまり、全体的な性能が向上。

また、さらなる静粛性を実現するために様々な技術が投入されています。

たとえば、ディーゼルエンジンは燃焼時にピストンが振動することでガラガラというノック音が起きます。

これに対し、マツダはピストンに部品を取り付けたり、燃焼タイミングを制御したりでノック音の抑制を実現しました。

ノック音が抑えられることで、もともと高かった静粛性がさらに高くなっているというわけです。

ただし、グレードによって静粛性に差があるため、一部では音が気になることもあるかもしれません。

アクセラの市街地と高速での乗り心地をレビュー!

市街地での乗り心地は満足いく良好さです。

思い通りに車が動いてくれるので、曲がる時も加速時もストレスを感じません。

特に微妙なハンドル操作にもしっかり応答してくれる点が高評価です。

この応答性はGVCという技術から来ています。

GVCはハンドル操作とエンジンの駆動トルクを連動させる技術です。
前後と横にかかるGを制御し、車の挙動をスムーズにします。

これによって運転操作の修正量が減り、ドライバーは自信を持って運転できるようになるわけです。

悪い点としては、一部でパワー不足が指摘されています。

1.5Lガソリンエンジンは「適度なパワー」と「加速性能の良さ」が広く評価されています。
ただし、坂道などにおけるパワー不足も指摘されています。

出典 http://cardays.net

高速での走行はおおむね良好です。

加速性能もいいですし、燃費面でも問題ありません。

ただし、エンジンブレーキが利きにくい点だけは少し気になります。

新型アクセラの乗り心地の総合評価

新型アクセラの乗り心地の総合評価は高いです。

高さ調整ができる機能が多く、様々な身長のドライバーに受け入れられる特徴があります。

ドライバーの乗り心地を向上させる工夫が多く凝らされているぶん、運転時にその魅力がよくわかる車です。

特に10Wayパワーシートやノック音抑制技術、GVCなどの画期的な技術への注目度は大きいでしょう。

ただ、アイテムによって標準装備されていないものもあるので、買う時は注意が必要。

また後方視界はあまりよくないので、不安があれば必ずバックビューモニターを使うようにしましょう。

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

カテゴリー

月別アーカイブ

人気記事ランキング

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法